紫斑病

ひとり暮らしが入院したら困ること

投稿日:2016-02-18 更新日:

私はひとり暮らしで、俗に言う「ノマドワーカー」のようなライフスタイルをしています。

私は2016年「Iga血管炎」という病気で長期入院しました。

実家も遠く、彼女もいない、そんな私が、入院した際に困ったこと、また、見舞いに来てもらって嬉しかったことについて、まとめておきます。

 

スポンサーリンク

 

テレビが有料

病院ごとで異なるとは思いますが、私が入院した病院はNHK・民法各テレビ局の視聴は有料でした。

自宅にいるときには、ながらテレビが生活の基本だったため、テレビがない入院生活に慣れるまでには時間が掛かりました。

ドラマなどはノートパソコンで、民法ポータルサイト「TVer」を活用し、大きな画面で視聴しました。
けれでも、WiMAX2+データ通信量の問題で、シーズン通して見続けることはできませんでした。

どうしても観たい番組があるときには、携帯電話のワンセグチューナーで視聴しました。

 

冷蔵庫が有料

私は普段からデザートなどの間食はしません。

食事は医療費を抑えるためにも、入院食だけで済まそうとしていました。
病院内には、24時間営業しているコンビニエンスストアも併設されていました。
そのため、冷蔵庫の必要性を感じませんでした。

見舞いに来られる方の中には、要冷蔵品を持ってこられる方がいます。
せっかくのご好意でしたので、ありがたく頂戴しました。

けれども、容態により絶食になったり、易消化食(粥)になったりすることがあり、食べることができるまでに日数を要してしまい、想定外の出費をすることとなるのです。

 

インターネット接続

私が一番必要としたのは、データ容量制限のないインターネット接続です。

私は普段、携帯電話もパソコンも、WiFi接続でデータ通信しています。
通信先は、日中外出時はWiMAX2+ルーターで対応し、自宅にいる間はJ:COMの提供する光ケーブルインターネットサービスを利用しています。

当たり前かもしれませんが、病院内にはWiFi接続によるインターネットサービスはありませんでした。

そのような環境で私ができることはWiMAX2+ルーターをフル活用することです。

しかし、普段の感覚のまま、一日中インターネット接続をWiMAX2+ルーターで対応していたら、3日目にはデータ制限量7GBを超えてしまい、データ抑制されてしまったのです。

データ容量7GBから無制限へのデータプラン変更も試したのですが、データプランの変更は翌月からの対応のため、当月中のプラン変更は認められなかったのです。

メールのやり取り/ブログ更新/SNS投稿などは何とか行え、仕事自体に支障はないものの、動画視聴やアプリのダウンロードなど、全くできなくなり、余暇を楽しむことができなくなりました。

 

スポンサーリンク

 

お見舞いに行くなら

私が入院して、お見舞いに来てもらって感じたことをまとめておきます。

来てくれるだけで嬉しい

何もいりません。手ぶらで構わないのです。
顔を見せて話を聞いてもらえるだけで嬉しいのです。

けれども、見られたくない顔/状況はもあるものです。
アポなしの見舞いだけは絶対に避けましょう。

花・果物・要冷蔵品

ひとり暮らしでは、何事も自身で行わなければなりません。
点滴治療を受けている際は、片腕が使えません。水交換など手間のかかる花は避けましょう。

また、先に記載してますが、病院によっては冷蔵庫利用にもお金が掛かります。
絶食または易消化食(粥)のときには、過度の食事はできません。果物・要冷蔵品も避けましょう。

見舞金

下世話な話で申し訳ありませんが、体感した事実です。
入院治療費が一番の負担なのです。

どうしても何かしたい場合は「見舞金」が最適です。

 

まとめ

ひとり暮らしの入院には、何かと費用がかさみます。

私と同じような境遇で、入院されている方が、少しでも早く回復されることを願っています。







-紫斑病

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

紫斑病が完治するまで

私はある日突然、足の甲に赤い斑点ができました。 不安を感じていると、気がつけば赤い斑点が脚全体に拡がっていました。 インターネット検索をしてみると、『紫斑病』という症状のようでした。 週末に病院で診察 …

紫斑病退院後から気をつけていること

紫斑病(IgA血管炎)を発症し、入院治療を経て退院しました。 その後からは通院治療へと移行しましたが、普段の生活で再発症しないように気をつけている事柄を記載します。 目次 朝睡眠時間起床日中通勤水分補 …

入院や医療費で不安になったら医療ソーシャルワーカーさんに相談してみましょう

長期入院していると、病気のこと、医療費のこと、退院後のこと、様々な事柄を不安に感じてしまいます。 入院や医療費のことで、少しでも不安を感じた際には『医療ソーシャルワーカー』さんに相談してみましょう。 …

「ヘルプマーク」を知ってますか?

「ヘルプマーク」を知ってますか?

ヘルプマークをご存知ですか? 義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としている方々が支援を得やすくするストラップです。 ヘルプマークを身に着けた方 …

高額療養費窓口支払いの自己負担額を軽減するには

原因不明の症状での長期入院や、不慮の事故での緊急手術などになったことはありませんか? そのような際、病床代や検査代などでかなり高額な医療を請求をされる可能性があります。 たとえば仮に、100万円の総医 …