紫斑病

入院や医療費で不安になったら医療ソーシャルワーカーさんに相談してみましょう

投稿日:2016-02-17 更新日:

長期入院していると、病気のこと、医療費のこと、退院後のこと、様々な事柄を不安に感じてしまいます。
入院や医療費のことで、少しでも不安を感じた際には『医療ソーシャルワーカー』さんに相談してみましょう。
不安を解消する手段・アドバイスをしてくださるはずです。

今回は、私が長期入院した際に、不安な気持ちを解消して下さった『医療ソーシャルワーカー』さんについて、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

医療ソーシャルワーカー

医療ソーシャルワーカー(いりょうソーシャルワーカー、MSW:Medical Social Worker)とは、保健医療分野におけるソーシャルワーカーであり、主に病院において『疾病を有する患者等が、地域や家庭において自立した生活を送ることができるよう、社会福祉の立場から、患者や家族の抱える心理的・社会的な問題の解決・調整を援助し、社会復帰の促進を図る』専門職を指す。

引用:ウェイキペディア

医療ソーシャルワーカーについて規定した法律はなく、各所属機関における職名は統一されていない。「医療福祉相談員」、「医療社会事業司」、「医療社会事業専門員」、「医療社会事業士」などの名称(資格名ではない)が使用されている。

引用:ウェイキペディア

 

知り合ったきっかけ

私は「Iga血管炎」という病気で、長期入院しました。

入院した病状である「Iga血管炎」が難病指定である可能性をインターネット検索で知り、不安に駆られていました。
その旨を担当医師に相談したところ、『医療ソーシャルワーカー』さんをご紹介くださったのです。

難病指定への不安

『医療ソーシャルワーカー』さんは、

「患った病気が難病指定なのではないか?」

という不安を私が抱いていることを担当医から受けており、現在の病状と照らし合わせて、調べて下さっていました。

結果として、私の病状では難病指定に該当していませんでした。
そう判断される内容も、分かりやすく説明下さいました。

高額療養費の不安

入院中は医師の指示に何の疑いも持たず、検査を受けていました。
しかしその検査のなかには、CTスキャン・造影CTスキャンといった大掛かりな装置を利用したものもありました。
加えて、約3週間と言われ入院したものの、症状の安定を確認入院期間が伸びそうな気配を感じていたのです。
また、大部屋に入院していたので、続々と周り方は退院し、退院時に入院費の請求をされている様子でした。

「もし退院することになったら、高額な入院費を請求されるのではないか?」

そんな状況で不安いることを察知されていたのか、入院費自己負担額の軽減についてもアドバイスくださったのです。

『医療ソーシャルワーカー』さんに、お話を聞いて頂いたりアドバイスを頂いたことで、不安がスッキリすることができました。

 

まとめ

長期入院をして、少しでも不安を感じた際には、『医療ソーシャルワーカー』さんに相談してみましょう。

みなさんの不安が、少しでも解消されることを願っています。







-紫斑病

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

IgA血管炎の退院後に困ったこと

IgA血管炎を患い回復するまで約2ヶ月入院しました。 無事退院することはできましたが、入院したことによって困ったことがありましたので、まとめていきます。     目次 入院状況業務 …

「ヘルプマーク」を知ってますか?

「ヘルプマーク」を知ってますか?

ヘルプマークをご存知ですか? 義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としている方々が支援を得やすくするストラップです。 ヘルプマークを身に着けた方 …

高額療養費窓口支払いの自己負担額を軽減するには

原因不明の症状での長期入院や、不慮の事故での緊急手術などになったことはありませんか? そのような際、病床代や検査代などでかなり高額な医療を請求をされる可能性があります。 たとえば仮に、100万円の総医 …

紫斑病が完治するまで

私はある日突然、足の甲に赤い斑点ができました。 不安を感じていると、気がつけば赤い斑点が脚全体に拡がっていました。 インターネット検索をしてみると、『紫斑病』という症状のようでした。 週末に病院で診察 …

紫斑病でも東京ディズニーランドを満喫する方法

夢の魔法の王国「東京ディズニーランド」。 入園する時には、大人でも童心に返りワクワクしますよね。 そんな素敵な「東京ディズニーランド」なのに、楽しみたいけれど紫斑病を患って歩くことが怖くなり、入園を敬 …