wotak ボディケア

wotak がお伝えするボディケア

1日 体重 × 3%の水分補給で健康なカラダを保つ



人間のカラダは、ほぼ水分でできているといわれます。
成人のカラダでは、約60〜65%が水分です。

健康なカラダを保つために必要な1日の水分量は、

体重 × 3%   とされています。

今回は健康なカラダを保つ、水分量についてお話します。

 

スポンサーリンク

 

カラダの水分量

人間のカラダは、ほぼ水分でできています。

子供 約70%
成人 約60〜65%
老人 約50〜55%

このように成長する毎に、体内の水分量は減少しています。

水分量の差は、子供と成人を比べると、体内の脂肪量と水分量の比率が要因です。
成人と老人を比べると、細胞内の保水量が要因とされています。

 

カラダを保つ水分量

健康なカラダを保ち続けるには、風邪をひきにくい体内環境を維持することが大切です。

そのためには、水分は必要不可欠です。

平穏な生活を過ごしても、体重の2%の水分量は、唾液や粘膜など、口や喉を潤おすために利用されます。
唾液や粘膜は外部からのウイルス侵入を防ぎ、粘膜はウイルスを痰として排出します。
体重の2%の水分量が失われ、口と喉が渇くと、普段であれば、唾液や粘膜に守られている口や喉が、ウイルスの影響を受けやすくなり、風邪をひきやすくなるのです。

風邪をひくにくい体内環境を維持するには、口と喉を、唾液と粘膜で潤しておくことが必要です。

唾液と粘膜を潤すためには、

1日 体重 × 3%   の水分量が必要です。

体重50kgの方の場合、

1日 50kg × 0.03 = 1.5kg = 1.5L   の水分量が必要です。

つまり 1日で、500ml のミネラルウォーター3本を飲みきる必要があるのです。

  

 

アルコールは水分ではない

「お酒(アルコール)を含んで、必要な水分量を満たしているから大丈夫。」と思った方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、アルコールは水分ではありません。

アルコールの摂取は、利尿作用があるため、水分補給というよりも水分排出につながります。
アルコールを摂取した際には、摂取アルコールの倍の水分を補給してください。

 

水分補給のタイミング

多くの方は、「喉が渇いた」ときに、水分補給されているかと思います。
実はこの段階で、喉は粘膜が減少し、ウイルスの影響を受けやすくなっています。
喉が渇く前に、早めに水分補給してください。

 

まとめ

健康なカラダを保つためには、風邪をひきにくい体内環境を維持することが大切です。

風邪をひきにくい体内環境を維持するには、

1日 体重 × 3%   の水分量が必要です。

 

自身の水分補給量を再確認し、健康なカラダを保ちましょう。

 



-風邪予防
-