汚れの種類で洗濯洗剤のタイプを使い分けよう


洗い立てのシャツを着るのは、気持ちが良いものです。

洗濯には洗濯用洗剤を使います。

洗濯用洗剤には粉末タイプと液体タイプがありますが、みなさんはどちらをお使いですか?

私は液体タイプを常用しています。

モノにより、同じメーカーの製品でも、粉末タイプと液体タイプがある洗濯用洗剤があります。

2種類には明確な違いがあります。

それは、キレイに洗い上げれる汚れの違いにあるのです。

 

スポンサーリンク

 

洗濯用洗剤

同じメーカーの製品なのに、粉末タイプの洗剤と液体タイプの洗剤、2つ販売されているものがあります。

これは、洗剤のタイプによって、得意な汚れがあるのです。

ドロ汚れが得意なのは粉末洗剤
皮脂汚れが得意なのは液体洗剤

皮脂汚れは、主に身体からでる脂成分です。
脂を取りやすいのが液体洗剤です。

分かりやすい喩えをすると、

室内の運動部には液体洗剤
室外の運動部には粉末洗剤

が、適しているわけです。

 

洗濯用洗剤の成分

そもそも、一般的な衣類洗濯用の洗剤に含まれる主な成分は、アルカリ剤と界面活性剤(かいめいかっせいざい)です。

アルカリ剤

衣類の上にドロ汚れが付着しているとします。

ドロは、電気的に中性(プラスイオンとマイナスイオンが同量)です。

アルカリ剤は強力なマイナスイオンを持っています。

アルカリ剤が投入されると、ドロ汚れのプラスイオンが、アルカリ剤の強力なマイナスイオンに引き寄せられます。

すると、ドロ汚れの中に残ったマイナスイオン同士が反発しあいます。

反発しあって、ドロ汚れが細かなマイナスイオンの粒となり、キレイに取れていくのです。

界面活性剤

水と油を混ぜたときのことを思い出してください。

水と油は混らないと思います。

水と油が分離した状態の液体に、界面活性剤を投入します。

すると、界面活性剤が油を細かく分解し、水と油が混ざりあうのです。

この働きにより、衣類から脂汚れをを分解し、取る去ることができるのです。

 

成分の比較

先ほど、洗濯用洗剤の主な成分についてお話し、

アルカリ剤はドロ汚れに強い
界面活性剤は皮脂汚れに強い

ことが分かって頂けたと思います。

粉末タイプの洗剤と、液体タイプの洗剤とは、含まれる成分の割合に違いがあります。

粉末タイプの洗剤
アルカリ剤 約1/4、界面活性剤 約3/4

液体タイプの洗剤
アルカリ剤 約1/8、界面活性剤 約7/8

このような違いによって、洗剤の得意な汚れがあるのです。

 

まとめ

洗濯用洗剤のタイプによって、得意な汚れがあります。

ドロ汚れが得意なのは粉末洗剤
皮脂汚れが得意なのは液体洗剤

汚れによって、洗剤のタイプを使い分けましょう。



-豆知識