PDCA

事業活動の管理を行うためには、様々な要素が必要です。

前向きな姿勢
現状の見える化
改良・改善

などが要素として挙げられます。

それらの要素を効率よく入れ、継続的に行う必要があります。

要素を管理業務で明確にする方法に「PDCA」があります。

「PDCA」を活用して、効率良い管理を目指しましょう。

 

スポンサーリンク

 

PDCAとは

事業活動における管理業務を、円滑に実施するための手法です。

各行程は以下の4つ

P:プラン(plan)計画
D:ドゥ(do)実行
C:チェック(check)評価
A:アクト(act)検討

PDCAは各行程、Plan・Do・Check・Act の頭文字から命名されています。

Act(検討)まで行程が進行した際、活動の継続が必要な際には、Plan(計画)を再検討し、更なる向上を目指します。

この円滑に進行する行程から「PDCAサイクル」などと呼ばれることもあります。

 

P:プラン(plan)計画

最初の計画は、大きな目標を、できる限り数値化して設定します。

計画する内容には、期間、人員数、費用、方法を考慮します。

 

D:ドゥ(do)実行

はじめての業務などで、実行方法が定まっておらず、模索しながら実施する場合には、実施した

内容と作業工数を記録します。

実行方法が指示されている場合には、指示通りに実施し、作業工数を記録します。

 

C:チェック(check)評価

計画に対する成果を確認します。

期間:実行終了までの期間を確認します。

人員数:実行終了までに稼働した人員を確認します。

費用:実行終了までに要した金額を確認します。

方法:実施した内容と工数を確認します。

各内容の、計画と実行結果の達成率、ならびに差異を数値で表記します。

 

A:アクト(act)検討

各評価内容に対し達成事由を検討します。

各評価を総合的に精査し、計画の完了、または継続、断念を決断します。

継続して進行する場合には、計画をそのままにするのか、新たな計画に変更するのかも判断します。

 

2巡目以降は、最初の実行成果から各内容の削減をさらに考慮し、計画を作成します。

 

管理業務に必要な要素

「PDCA」を実施することにより、管理業務で必要な要素を明確にすることができます。

 

前向きな姿勢

Plan(計画)を明示することにより、作業者が「何のために作業するのか?」ではなく、「どうやって目標達成するのか?」に注力することができます。

現状の見える化

Do(実行)・Check(評価)により、これまで曖昧だった内容について、具体な数値で理解することができます。

改良・改善

Check(評価)・Act(検討)から、高い達成率、新たな解決手段を見出すことができます。

 

まとめ

「PDCA」は4工程

P:プラン(plan)計画
D:ドゥ(do)実行
C:チェック(check)評価
A:アクト(act)検討

「PDCA」を活用することで、管理業務で必要な要素を明確にします。

前向きな姿勢
現状の見える化
改良・改善

 

「PDCA」を体得し、効率よい管理業務を実践しましょう。

-雑記