WiMAX2+で7GB以上データ量を使用してしまったら



ある日、ふとしたことから、急遽入院することになりました。
入院先の病院では、院内のインターネット接続が利用できませんでした。
そこで、いつの外出時に活用しているWiMAX2+のモバイルルーターを入院時に常用することにしました。

すると、あっという間に制限量である7GBに近づいていたのです。

今回は、制限量である7GBを超過したらどうなるのか?をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

制限量7GBを超えることになった理由

私は普段、インターネット接続を、自宅では J.COM 光インターネットサービス、外出時にはWiMAX2+のモバイルルーター、を利用しています。
※携帯電話(スマートフォン)は docomo で、通話・メールのみのサービスで契約しています。
※現在このプランは存在せず、契約できません。

ある日、ふとしたことから急きょ入院することとなってしまいました。

入院先の病院は、当たり前ですが院内WiFiを利用することはできず、インターネットはWiMAX2+のモバイルルーターをメインに使うことになってしまいました。

普段自宅で利用しているYouTubeや各テレビ局のオンデマンドの視聴を、WiMAX2+のモバイルルーターでおこなったら、入院1日で約3GBほどデータ利用していました。

すると、数日のうちにデータ制限量7GBを超えていたのです。

 

データ制限量7GBを超えたらどうなるのか

私が契約しているWiMAX2+のプランは、UQ Flat ツープラス 月間7GB、3,696円/月(税抜)です。

データ制限量7GBを超えると、当月末までの通信速度が送受信最大128kbpsに制限されます。

通信速度が制限されると、動画視聴などは困難となり、メール・ウェブ閲覧・SNSなどの利用にも影響がでます。

 

しかし私は運良く、データ制限量も通信速度制限もなく利用できました。

その要因は、今回利用したWiMAX2+のモバイルルーターを、2ヶ月前に新規で契約したからです。

契約開始から3ヶ月間は、UQ Flat ツープラス ギガ放題の体感期間 だったのです。

 

データ制限量7GBを超えないようにするには

WiMAX2+のモバイルルーターで、データ制限量7GBを超えないようにするには、動画視聴や大容量データダウンロードなどは控えましょう。

 

データ制限量7GBを超える期間が長くなったら

WiMAX2+のモバイルルーターで、データ制限量7GBを超える期間が長くなったら、プランの変更を検討しましょう。

UQ Flat ツープラス ー UQ Flat ツープラス ギガ放題 のプラン変更は月単位手数料なしで可能です。

但し、料金プランの変更は、翌月からの適用となりますので、ご注意ください。

 

まとめ

WiMAX2+のモバイルルーターUQ Flat ツープラスでデータ制限量7GBを超えると、当月末までの通信速度が送受信最大128kbpsに制限されます。

通信速度が制限されると、動画視聴などは困難となり、メール・ウェブ閲覧・SNSなどの利用にも影響がでます。

動画視聴や大容量データダウンロードなどは控え、データ制限量7GBを超える期間が長くなったら、プランの変更を検討しましょう。



-モバイル