SWバトルフロントを5年前のPCでプレイしてみた

ゲームソフト「Star Wars バトルフロント」がプレイ可能となりました。

導入費用を抑えるため、5年ほど前に購入したハイエンドPCにインストールしました。

充分楽しめるプレイクオリティーです。

 

スポンサーリンク

 

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は、2015年12月18日(金)18:30から全国同時に公開されます。

『ジェダイの帰還』から約30年後を舞台にした、新たな3部作の始まりです。

公開が近づいた11月19日、「Star Wars バトルフロント」が販売されました。

購入したきっかけ

スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開に合わせるかのように、各社から様々コラボCMが放送され始めました。

その中に、心惹かれるCMを見つけてしまい、心を奪われました。

PS4用ゲームソフトのCMですが、子どもの頃に思い描いた夢が叶う、そんなイメージを抱かせてくれるCMです。

ハードウェア選定

Star Wars バトルフロント」がプレイできるハードウェアは、CMで放送されているPS4だけでなく、Xbox OnePC(Windows) 、3種類のハードウェアでプレイすることができます。

ハードウェアをお持ちでなければ、PS4がオススメです。

私は導入費用を抑えるため、PC(Windows) でプレイすることにしました。

PCスペック

Star Wars バトルフロント」を快適にプレイするためには、ハイスペックなPCを求められます。

PC必要環境

OS:Windows 7、Windows 8.1、Windows 10 各64bit版
CPU(Intel):Intel i3 6300Tまたは同等の性能
メモリ:8GB RAM
ハードディスク:空き容量40GB以上
ビデオカード(NVIDIA):nVidia GeForce GTX 660 2GB
ビデオカード(AMD):AMD Radeon HD 7850 2GB
DirectX:11.0互換ビデオカードまたは同等の性能
インターネット接続:512kbps以上のインターネット接続

PC推奨環境

OS:64-bit Windows 10以降
CPU(Intel):Intel i5 6600または同等の性能
メモリ:16GB RAM
ハードディスク:空き容量40GB以上
ビデオカード(NVIDIA):nVidia GeForce GTX 970 4GB
ビデオカード(AMD):AMD Radeon R9 290 4GB
DirectX:11.1互換ビデオカードまたは同等の性能
インターネット接続:512kbps以上のインターネット接続

推奨スペックのPCはモンスターマシンです。

用意しようとなると、かなりの費用が必要です。

そこで私は、5年ほど前に購入した FINAL FANTASY XIV 推奨認定デスクトップPCでプレイしてみることにしました。

その当時としてはハイスペックなハードウェアを選定し、ドスパラで購入しています。

OS:64-bit Windows 7
CPU(Intel):Intel i7-870
メモリ:8GB RAM
ハードディスク:1.5TB
ビデオカード(NVIDIA):nVidia GeForce GTX 480 1.5GB

プレイ感想
様々障害はありましたが、納得できるレベルでプレイできました。

-ホビー
-, ,