スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

人前でプレゼンテーションしなければいけなくなったことはありませんか?

そんなときの前に、ぜひ読んで頂きたい一冊「スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン」をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

手にしたきっかけ


以前から、自身のプレゼンテーションに「何か足りない」・「何か違う」感を感じていました。
さらに最近、自身をプロモーションすることが多くなり、さらにプレゼンテーションに違和感を感じるようになりました。

「何が足りないのか?」
「何が違うのか?」

その疑問を解決するため、以前から気になっていた「スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン」を読み込んでみることにしたのです。

 

3点ルール

私は自身でルールを打ち立て、プレゼンテーション資料を作成していました。
そのルールは「ポイントを3つにする」。
箇条書きでポイントを列挙する時には、ポイントを3つに絞るです。

この部分については、書籍にも同様のルールが「3点ルール」として記載されていました。
人は多くのポイントを掲げられても、その場ですべてを理解し、記憶することはできない。
それゆえ、ポイントは3〜4つに収めることが適切と記載されています。
また同様に、スライドの構成も3〜4部が適切とされています。

 

スライデュメント

プレゼンテーション資料は、プリントアウト(印刷)して、配布することがあるかと思います。
そのため、ドキュメント(文書)で説明するスライドが多くなります。
書籍ではこのようなスライドを、スライドとドキュメントをごちゃ混ぜにした「スライデュメント」としています。
これによって、プレゼンテーションで最も重要視すべき「コミュニケーション」が排除されていると記載されています。
スライドは「すっきりシンプルに」をモットーにするべきです。

私も例に漏れず、「スライデュメント」をスライドとして作成していました。
すべてのドキュメントを排除することは困難な場合があるかと思います。
これからは、プレゼンテーション用スライド(すっきりシンプル)と、資料(スライデュメント)を作成するように心掛けます。

 

情熱

プレゼンテーションでは「何を表現する」のでしょうか?
視聴してもらったら、「どうしてもらいたい」のでしょうか?

多くの場合、

「自身または製品を売り込む」
「自身を契約してもらいたい/製品を購入してもらいたい」

かと思います。

そのために書籍では、情熱「世の中を良くしたい」を表現することが最も大切であると記載されています。

私のプレゼンテーションは、言葉の抑揚も、構成の起伏もなく、淡々と進めるものが多かったように感じます。
そのようなプレゼンテーションでは、人々のアクション(行動)に変化を与えることはできないのです。
私のプレゼンテーションには、「情熱」が足りなかったのです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン」には、プレゼンテーションに必要なポイントが凝縮しています。

スライド作成の際には、読み返し活用されることをオススメします。

あなたのプレゼンテーションが「情熱」的で、視聴者に感銘を与えるものになることを願っています。

 

-ビジネス
-